•  不死鳥の雫では、チャーガ(カバノアナタケ)・姫マツタケ(アガリクス・ブラゼイ・ムリル)・直井霊芝など健康に良いとされる3種類の健康素材を配合しております。
       β-グルカン、α-グルカン、β-ガラクトグルカン、核酸、β-(1-6)-D-グルカン・タンパク複合体、キシログルカン、エルゴステロール、ピログルタミン酸など、いつまでも健康でいるための栄養成分が含まれており、それらのエキスをまとめて水に溶かすだけで簡単に摂取できる健康粉末飲料です。
    •  最近注目を集めているAGE。AGEとは終末糖化産物(Advanced Glycation End Products)、すなわち「タンパク質と糖が加熱されてできた物質」のことです。強い毒性を持ち、老化を進める原因物質とされています。老化というと思い浮かぶのはお肌のシワや物忘れなどかもしれませんが、それだけではありません。AGEが血管に蓄積すると心筋梗塞や脳梗塞、目に蓄積すると白内障の一因となり、AGEは美容のみならず、全身の健康に影響を及ぼしていると言えます。体のあちらこちらで深刻な疾病を引き起こすリスクとなるAGEを体内に溜めない生活・減らす生活を送ることが大切です。
      • 糖化と酸化を除去し、肌のたるみやシワ、乾燥等のトラブルを解決。

      • 体内の不要な物を出し、胃や腸を良好に保つことで痩せやすい体へ。

      • 硬く脆くなった骨や筋肉の酸化と糖化を防ぎ、強く生まれ変わらせます。

      • 糖化と酸化を除去し、身体のチカラが高まり若々しく生まれ変わります。

      •  チャーガとは、白樺に代表されるカバノキ科の幹に寄生するキノコのことです。ロシア語のЧага=chaga、和名はカバノアナタケと言います。古くからロシア・シベリア地方の常備薬としても重用され、別名シベリア霊芝とも呼ばれています。  元来、白樺の木の樹液には糖質やアミノ酸、リンゴ酸、ミネラル類などが豊富に含まれており、同時にキシリトールの原料としても有名です。その白樺に寄生し、10-15年の歳月をかけ、厳しいシベリアの寒さを耐え抜き成長を続けるチャーガ。最後には寄生した木を枯らしてしまうほど、白樺樹液の成分を吸収しているのがチャーガなのです。

      •  姫マツタケは一般的には“アガリクス”という名称でよく知られています。元々はブラジルの山中に自生していたキノコで、日本の菌類研究の第一人者として知られる岩出博士を中心に、研究が進められました。アガリクスというのはハラタケ属という意味であり、アガリクス茸という単一種のキノコは存在しません。ハラタケ属のキノコの中で、唯一、健康のチカラを高める効果が科学的・学術的に証明されているものが姫マツタケです。キノコ特有の成分β-グルカンの含有量が多いのも特徴です。

      •  元京都大学文部技官の直井幸雄氏より伝授いただいた直井GY株。 直井氏は30年に渡る霊芝栽培の中で色々な霊芝をとりよせ、品種を選抜して優秀な遺伝子をもった種菌/「直井霊芝(GY系)」を開発することに成功しております。直井GY株は、できるだけ自然物、自然条件を用いて過保護的栽培をおこなわず、厳しい自然条件で育てることで霊芝の力をより高めるよう栽培している霊芝で、長野県で栽培しております。霊芝には、カルシウムやリン、マグネシウム、カリウム、ナトリウム、鉄、銅、亜鉛、マンガンなどのミネラルの他、β-Dグルカンなどの有効成分が豊富に含まれております。